制汗剤 おすすめ

制汗剤 口コミ

制汗剤の口コミを参考に人気やおすすめに基づいてランキングをつけています。

人気の制汗剤やおすすめの制汗剤の効果は果たして口コミ通りなのか?

実際に使ってみてのランキングです。

世の中には汗をかきやすい人と、かきにくい人がいます。

『なんで自分だけこんなに汗をかくの?』

と、悩んでいる人も多いようですね。

一般的には汗をかきやすい人は代謝が活発に行われている人だと言えるでしょう。

特に新陳代謝の活発な中学生、高校生、大学生、20代などは思春期も重なり、悩みは深刻です。

そんな時に活躍するのが制汗剤ですよね。

制汗剤とは気になる部分の汗の量を減らすものなのですが、その種類は日本だけでも300種類以上存在しています。

汗を減らすメカニズムは、汗の出る出口を完全に塞いでしまうものから、蒸発させてサラサラ状態をキープするものまで色んな仕組みの制汗剤があります。

でも、どれを選んだらいいのでしょう?

緊張すると汗が止まらなくなるタイプ

辛い物を食べると異常な量の汗がでるタイプ

脇や足などに集中して汗をかくタイプ

全身まんべんなく汗が出てしまうタイプ

ゲームをすると手汗でコントローラが滑ってしまうほどのタイプ

去年まで使っていた制汗剤が効かなくなってしまった

などなど

300種類以上ある制汗剤の中からどれがいいか選ぶのは大変ですが、汗のタイプは人それぞれ違うので、自分に合った制汗剤を選ぶことが大切です。

間違っても有名ドラッグストアの人気棚にある物や売上ランキングの高いおすすめだけを参考にしての選び方だと危険ですよね。

今までいくつか評判と言われる制汗剤を試してみても、イマイチ効果を感じられない人は、この選び方が問題でした。

また、1番効くベストな制汗剤でも副作用という落とし穴もあります。

こちらでは、それぞれの制汗剤をレディースに人気の物、男子ウケで評判の物などを口コミを参考にしながら制汗力の作用などを比較しておすすめできるものを紹介しています。

自分の汗のタイプによって、本当に効く必要性の高い制汗剤は変わってきます。

2019年、2020年よりも2021年に発売されるものは効果もアップし、値段も安くなる傾向もありますので、薬局や通販の価格状況や、塗るタイプや飲むタイプなどタイプ別でも紹介していますので参考にしてみてください。

  1. 制汗剤 おすすめ/選び方 デオドラント評価 女性人気は
    1. 制汗剤で顔の汗に対する効果があるものは特殊
    2. 制汗剤を値段だけで選ぶのは危険
      1. 市販制汗剤の特徴
      2. 通販制汗剤の特徴
  2. 制汗剤 おすすめ ランキング 人気 デオドラント 制汗
  3. 制汗剤 おすすめ デオドラントと汗対策グッズ 汗に効く
    1. Banの制汗剤
    2. AGデオという制汗剤
    3. 8×4 制汗剤スプレー
    4. ソフトストーン制汗剤
    5. 制汗剤シークレット
    6. ビオレの制汗剤
    7. パースピレックス制汗剤
    8. GB制汗剤
    9. 制汗剤レセナ
    10.  制汗剤リフレア
    11. ヴェルダ制汗剤
    12. 制汗剤オドレミン
    13. ピュアスポーツ制汗剤
    14. その他国産の制汗剤
    15. 海外の制汗剤
  4. 制汗剤 おすすめ/タイプ別女性デオドラントでのおすすめ
    1. クリームタイプの制汗剤
    2. スティックタイプの制汗剤
    3. ロールオンタイプの制汗剤
    4. スプレータイプの制汗剤
    5. シートタイプの制汗剤
    6. 液体タイプの制汗剤
    7. パウダータイプの制汗剤
    8. 肌に優しいタイプの制汗剤
    9. 良い香りの制汗剤
    10. メンズ用の制汗剤
    11. 塗る体の部位によって違う制汗剤
    12. 冷たいタイプの制汗剤
    13. 原料が特徴の制汗剤
    14. 運動に使える制汗剤
    15. 海外の制汗剤
    16. 重曹やミョウバンなど自作の制汗剤
    17. 病院で使われるような制汗剤
    18. 携帯性に優れた制汗剤
    19. 美容効果もある制汗剤
  5. 制汗剤 おすすめ/使い方 汗対策で効果的なデオドラント
    1. 制汗剤を塗るタイミング
    2. 制汗剤を塗る頻度
    3. 制汗剤を使う量
    4. 制汗剤を塗る順番
    5. 制汗剤の落とし方
  6. 制汗剤 おすすめ/注意点 使う時の全身おすすめ安全方法
    1. 制汗剤で皮膚トラブルの可能性
    2. 制汗剤で服が汚れる?
    3. 子供が制汗剤を使っても大丈夫?
    4. 制汗剤の使用期限は守った方がいい?
    5. 制汗剤で癌が発生?
    6. 授乳中や妊娠中に制汗剤を使っても大丈夫?
    7. 制汗剤を併用しても大丈夫?
    8. 制汗剤での色々な被害報告

制汗剤 おすすめ/選び方 デオドラント評価 女性人気は

制汗剤 選び方

女性の制汗剤やデオドラントに対する評価や口コミでは選び方に迷ってしまうという声が一番多いようです。

確かにデオドラントだけでも種類はたくさんありますので、いくつかのポイントを絞って選ぶのがコツです。

例えば市販ドラッグストアの広告などで、

2020年女性(メンズ)最強おすすめランキング

などがありますが、これを基準に選んでしまうと、『私には全く効かなかった』という事にもなりかねません。

制汗剤には背中や顔、脇汗など体の部分によって、それぞれ商品が分かれています。

手足用の制汗剤を顔に塗るとかぶれないとも限りませんし、脇に顔用の制汗剤を使うと逆にワキガになる可能性もあります。

ですので、まずは自分の問題がどこにあるのかをはっきりさせることです。

汗なのか、匂いなのか。

汗やニオイの強い部分はどこなのか?

制汗剤の中には香水のような効果で人気を得ている種類もあります。

また、塗る部位によって異なる形状タイプもあります。

例えばロールオンタイプだと脇に塗りやすいですし、スティックタイプだと足の指の間に最適です。

制汗剤の口コミでは知恵袋や雑誌のLDK、@コスメ、リップスやブログなどでも沢山の種類が検証調査されランキング形式でレビュー投稿されています。

他にもソレダメなどテレビのメディアでも芸能人のおすすめとして紹介されています。

LDKでも1年前2019年のランキングではロールオンタイプが1位で人気が高かったのに、2020年ではニベアの制汗剤に入れ替わったりと、変化が激しい業界でもあります。

制汗剤の口コミでは良く効くという内容もありますが、塗ると余計に臭くなるや、効果ない、汗が止まらないなどの悪いデメリットの口コミもありますが、よくよく見ると、単に塗り忘れていただけだったというものもあるようです。

2chなどを参考にしていると、男女の違いだけでなく、20代、30代、40代、50代などでもそれぞれ人気でおすすめの制汗剤は変わってきます。

例えば若い人は『部活の時に使える制汗剤』などを重点的に探している傾向があるような場合です。

制汗剤で顔の汗に対する効果があるものは特殊

制汗剤で一番の売れ筋はワキガ用の制汗剤やデオドラントになります。

では、ワキ用の制汗剤を顔に塗っても効果があるのでしょうか?

答えは、効果はあるかもしれませんが、顔の肌荒れの可能性が高いです。

これは顔の皮膚は他の部分と比べて、かなり弱いからです。

特に敏感肌の人がこの間違いをしてしまうと大変なことになります。

なので体に使う制汗剤で効果の強いものや即効性のあるものを顔に使ってはいけないのです。

最近では顔用の制汗剤も効果が強くて持続時間も24時間以上持つ長時間仕様のものが人気のようですね。

男女問わず更年期に訪れるホットフラッシュによる顔汗や臭いなどにも効果的です。

制汗剤の中には中和分解系やポリマー、ポリ塩化アルミニウムなどが成分として使われているものがありますが、服の上からも使えるのが大きな特徴です。

他には猫や虫除けにも使える制汗剤もあるようです。

制汗剤を値段だけで選ぶのは危険

同じ制汗剤でもどこに売ってるという場所によって値段はかなり変わってきます。

安いプチプラでも売り場が変われば高い値段になってしまう場合もあります。

そんな中、メンズの制汗剤がコスパが高いと評判になっているようです。

内容は女性用とほとんど変わらないのに、サンプル品とほとんど変わらない激安価格で販売されているものもありますので、一度チェックしてみるのもいいかもしれませんよ。

市販制汗剤の特徴

市販制汗剤の特徴は値段が安いことですね。

ゲンキーやマツキヨ、ザグザグなどのドラッグストアや薬局、ドンキーや100円ショップのダイソー、Loftなどのディスカウントストアといったディスカウントストアやコンビニなどで販売されている制汗剤は安いのが特徴ですよね。

メンズ用も豊富で詰め替え用なども販売されていてお得なイメージがありますが、多汗症や、深刻なワキガで悩んでいる人にとっては、あまり効果を実感したという意見が多くないのが特徴のようです。

つまり、市販の制汗剤というのは価格は安いですが、効果もそこそこだというのが多くの意見としてあるようです。

通販制汗剤の特徴

通販で売られている制汗剤はデパコスという印象がありませんか?

ベストバイ、Amazon、楽天、ソニプラ、ヨドバシ、360.lifeなど大手通販サイトがありますが、どれも制汗剤の価格は市販のものよりも高いという印象があります。

確かにお店よりも郵送費などが追加として増えてしまうので高くなってしまうのは当たり前なのかもしれません。

しかし、市販の店舗販売の方が保管費や物流費など、通販と比べてコストが高いのはあまり知られていません。

通販で制汗剤を安く購入したいのであれば、メーカー直販の公式サイトが一番安い場合が多いようです。

制汗剤 おすすめ ランキング 人気 デオドラント 制汗

制汗剤の口コミでの人気制汗デオドラントのランキングを紹介します。

女性、メンズ用は成分はほぼ同じなので一緒にしています。

総合的に通販と市販ドラッグストアやアットコスメの最強売れ筋のおすすめを比較し、タイプ別(ロールオン、スプレー、ステック、香水など)種類別で、発汗や臭い、持続力などを実際に使ってみてのランキングです。

1位 サラフェプラス


☆全身や顔にも使える
☆効果に対する満足度が高い
☆返金保証で気軽に試せる

日本産制汗剤の中では制汗効果・持続効果は断トツで、子供からお年寄りまで敏感肌でも安心して使える。
定期解約自由で返金保証付きなので基本無料で試すことができる。
公式サイトのみ初回1,980円

2位 ノアンデ


☆消臭効果が強力
☆安全性が高い
☆返金保証で気軽に試せる

安全性と消臭効果が高いのが特徴。
定期解約自由で返金保証付きなので基本無料で試すことができる。
公式サイトのみ初回2,480円

3位 テサラン


☆特に手汗に効果を発揮
☆安全性が高い
☆返金保証で気軽に試せる

とにかく水に強いのが特徴
定期解約自由で返金保証付きなので基本無料で試すことができる。
公式サイトの3本セットで1本あたり2,734円

4位 デトランスα


☆制汗効果がずば抜けて強力

海外仕様なので制汗効果が強力。
肌の強さに自信があって、とにかく汗を止めたい人におすすめ。
定期購入は4回までの購入が必要。4,800円

5位 オドレミン


☆歴史ある制汗剤

昔からある制汗剤で信頼性が高い。
全身に使用できる
1,080円

 

制汗剤 おすすめ デオドラントと汗対策グッズ 汗に効く

商品画像デオナチュレファリネラポマインフレナーラチュラリアエージーデオ24リフレアエティアキシルメンズリフあせワキパットBanロールオントリムクール薬用ネオテクトアクアデオクリアンテ写真リサラ
商品名サラフェプラスノアンデ テサランデトランスα オドレミン アセトメル クリアネオ デオナチュレソフトストーン ファリネラポマインフレナーラ チュラリアエージーデオ24リフレアエティアキシルメンズリフあせワキパットBanロールオントリムクール薬用ネオテクトアクアデオクリアンテ
特徴☆効果が高い
☆顔にも使用可
☆安全性が高い
☆無料でお試し可能
☆効果が高い
☆消臭効果が強い
☆安全性が高い
☆無料でお試し可能
☆効果が高い
☆水濡れに強い
☆安全性が高い
☆無料でお試し可能
☆効果が高い
☆肌が強い人向け
☆歴史が古く信頼が厚い☆顔汗効果☆脇汗対策効果☆足汗対策効果☆手汗対策効果☆脇汗対策効果☆手汗対策効果☆脇汗対策☆脇汗対策☆脇汗対策☆脇汗対策☆脇汗対策☆脇汗対策☆メンズ顔汗対策☆脇汗対策☆デリケートゾーン制汗☆脇汗対策☆脇汗対策
最安値1,980円2,480円2,485円999円1,080円2,178円4,980円990円2,667円980円850円980円997円896円3,500円850円534円980円980円5,980円680円2,980円

以上、2020年以降の女性やメンズにも使える夏場の汗や臭いにもおすすめの汗対策グッズやデオドラントを紹介しました。

特に高校生にも人気のランキングとほぼ同じ内容になっています。

市販のドラッグストアで最強に売れているのはスプレータイプですが、実はロールオンやスティックの方が効果やコスパの面で人気なのがわかります。

では、特に売れている制汗剤を紹介します。

Banの制汗剤

Banという制汗剤はライオンのブランドになります。

メンズよりも女性の人気が根強く、口コミでもスティックやロールオンよりもスプレーの方が価格も安くお手頃なのが特徴です。

人気のBanプレミアムゴールドは市販ではなかなか売っていないので大手通販サイトで購入する人が多いようです。

AGデオという制汗剤

AGデオもBanと同じく歴史のある人気の制汗剤です。

成分に銀が含まれていることで殺菌効果にも優れているようです。

同じメーカーのブランドに24がありますが、こちらも同じく人気の制汗剤です。

8×4 制汗剤スプレー

エイトフォーの制汗剤は有名ですよね。

値段も安く、効果もそこそこ強いですね。

歴史も長く30年以上のロングセラー商品です。

スプレータイプだけではなくロールオンタイプも販売されています。

ソフトストーン制汗剤

ソフトストーン制汗剤は石の成分から抽出した成分で作られています。

スティックタイプで塗りやすいワキガ対策になります。

海外製ですが、安全性が高いというのが特徴ですね。

販売元であるデオナチュレは他にもクリスタルストーンさらさらクリームなどを開発販売している有名な会社です。

主にタイで生産しているようです。

制汗剤シークレット

制汗剤Secretはアメリカで人気の制汗剤です。

残念ながら日本ではあまり見かけませんが、グアムやハワイのKマートでは大量に取り扱いがあり、旅行に行ったときにお土産として買って帰る人も多いようです。

効果は強力ですが、安全面では少し不安の残る制汗剤になります。

ビオレの制汗剤

ビオレの制汗剤といえばビオレZに代表されるようにメンズビオレが有名ですね。

しかし、他にもロールオンなどの制汗剤も自社で開発販売しています。

特にシートタイプの制汗剤に関してはビオレがほぼ独占状態のようです。

渡辺直美さんのCMでもゼットのフレーズが有名になりました。

パースピレックス制汗剤

パースピレックス(Perspirex)は北欧ヨーロッパであるデンマークで開発された制汗剤です。

色々な他の制汗剤と併用して使っている人は多いようです。

ただし、使い方が難しく、夜に塗って朝拭き取るといった作業が必要になります。

また、かゆみやかぶれなどの副作用もいくつか報告されているので、安全面では少し疑問が残ってしまいます。

日本ではデトランスαという商品名で販売されています。

GB制汗剤

GBは略称でいわゆるギャツビーの制汗剤です。

日本の老舗のメーカーであるマンダムから発売されています。

主にメンズ用という印象があるかもしれませんが、ブランドの中にはルシードやディズニーなど子供用の制汗剤も販売しています。

制汗剤レセナ

レセナは主にスプレータイプの制汗剤を販売しています。

特に汗のプレケアに重点を置いて開発しているようです。

ドラッグストアなどでもよく見かける制汗剤で価格的にも安価であることが特徴です。

 制汗剤リフレア

リフレアは目薬で有名なロート製薬からの制汗剤です。

クリームタイプで汗をしっかりと抑える効果が人気です。

価格的にも安価で非常にバランスの良い制汗剤です。

ただし、パッケージのデザインはかなり目立つので、外出先では使いにくいなどといった声も聞かれます。

ヴェルダ制汗剤

ヴェルダはナチュラルオーガニック商品を主に開発しているブランドです。

制汗剤も存在しているようですが、あまり効果があるという声は聞きません。

どちらかと言えば効果や価格よりもオーガニックに主点を置いているようですね。

制汗剤オドレミン

オドレミンは緑の瓶でお馴染みの制汗剤です。

歴史も古いリキッドタイプの制汗剤になります。

全身に使える制汗剤という事で人気を集めているようですが、効き目については少し弱いといった印象が強いようです。

ですので、他の制汗剤と併用して使っている人も多いようです。

ピュアスポーツ制汗剤

ピュアスポーツの制汗剤はオールドスパイスというブランドから販売されています。

アメリカのブランドで、制汗剤というよりは香水として使っている人が多いようです。

甘い香りが長続きすることが特徴ですが、制汗効果に期待している人はあまりいないようですね。

その他国産の制汗剤

国産の制汗剤には他にも人気の種類があります。

例えばニベアからの制汗剤は発売されていますし、

ソレア、シナイ、スヌーピー、無印、Lushなども人気の制汗剤ブランドです。

主な特徴としては肌の弱い日本人に合った制汗剤だという事ですね。

海外の制汗剤

海外の制汗剤はとにかく強力な商品が多いのが特徴です。

スイスのイソップやフランスのレディスピードスティック、ダブのAll good、デオコやドテラのピュアエッセンス、ポーランドのピューレパールなども人気ですね。

他にもLynxやペンハリガンの香水タイプなども評判です。

制汗剤 おすすめ/タイプ別女性デオドラントでのおすすめ

汗対策グッズ タイプ

制汗剤はタイプ別に分けると選びやすいです。

例えば市販などのドラッグストアなどはスプレータイプなどの汗対策グッズがメインで比較的安い価格で販売されています。

シートやペーパータイプはメンズや女性でも背中の汗で悩んでいる人に効果的で、おすすめです。

また最近は女性に汗対策のインナーが評判だったりもします。

特にワキガに良く使われる昔から売れ筋のロールオンタイプの最新売上で常に右肩上がりで各メーカーもこぞって新しい商品を開発しています。

このように汗対策グッズは制汗効果やデオドラント効果だけでなく脇汗や体臭を止める脇汗対策に合った容器の形などで種類が分かれてきます。

制汗剤とデオドラントの違いは汗を止めるか臭いを抑えるかの違いです。

制汗剤で何がいい?というのはなぜ売れているのかを知ることが大切です。

それぞれのタイプで徹底比較し、人気ランキング上位の商品も紹介します。

クリームタイプの制汗剤

クリームタイプ

クリームやジェルタイプの特徴はチューブの容器が多く乳液のようなテクスチャーです。

基本的にはプッシュして手に一度取り出して、塗りたい場所に塗り込むという手法になります。

クリーム状なので保水性や耐水性、美容に良い有効成分が肌に密着して効果を実感しやすいですし、持続性も高い傾向があります。

ゴム手袋をつけてお仕事をしている人などからは特に人気が高いようです。

⇒クリームタイプのランキング1位はこちら

スティックタイプの制汗剤

汗対策グッズ スティックタイプ

スティックタイプの制汗剤は固形のデオドラントです。

ちょうどスティックのりのように本体の下部分を回すと固形成分がニュッと出てくる仕掛けになっています。

こちらのメリットは手を汚さずに直ヌリできる事です。

特に足の指の間などは、スティックの形状がとても役に立ちます。

ピンポイントで使用できるので無駄もありませんしコスパも良いですね。

持ち運びも簡単で、蓋の閉め忘れでこぼれることもありません。

⇒スティックタイプの人気アイテムはこちら

ロールオンタイプの制汗剤

ロールオン

ロールオンタイプというのは容器の先端に丸いボール状のローラーがあるものです。

ちょうどボールペンの先端を拡大したような形状になります。

ボールペンでも経験があると思いますが、間に少しでもゴミが入ると回転が悪くなって文字が書けなくなりますよね。

あれと同じでロールオンもゴミが入ると回転が悪くなってしまうのが難点です。

ただし、液体タイプの制汗剤を直接肌に塗り込むには適した容器です。

片手でリキッドを手を汚さずに直ヌリすることができます。

また、ビオレのものは持ち運びにも便利です。

スプレータイプではちょっと不安だというメンズのランキングでも常に上位をキープしているようです。

海外商品の口コミでは顔にも塗れるものもあるらしいのですが、シャツに黄ばみが発生したり、キャップ交換が面倒だったりするものもあるようです。

⇒ロールオンの人気タイプアイテムはこちら

スプレータイプの制汗剤

スプレータイプの制汗剤はボディミストとパウダースプレーがあります。

サラサラ感を重視しているのであればパウダースプレーがおすすめです。

ドラッグストアなどで安価で販売されている制汗剤はスプレータイプが多いという特徴もありますね。

シートタイプの制汗剤

シートタイプの制汗剤とは、汗を止める効果はほとんどありません。

クール系の成分が含まれている場合が多く、爽快感や汗を即拭きとりたい場合に使うといいでしょう。

特にスポーツの後などはシート、ペーパータイプや貼るタイプなどの制汗剤が人気を集めているようです。

液体タイプの制汗剤

液体タイプの制汗剤とは一般的にボトルに入っているローションになります。

体や顔に塗る場合にも使えますが、最も効果を発揮する場所というのが、毛が多い場所になります。

頭やデリケートゾーンの制汗であれば、液体タイプが皮膚までしっかりと届くので、毛が多い場所に使いたいのであれば、液体タイプを選ぶのがいいでしょう。

パウダータイプの制汗剤

最近はパウダータイプの制汗剤が、急に人気を集めているようです。

通常の制汗剤だと、大なり小なりベタつきがあります。

しかし、粉タイプだと汗を吸収する効果と制汗効果の2つの効果があります。

特に足汗で悩んでいる人はさらさら感を求めてパウダータイプを選ぶ人が多いようです。

最近では色々な香りのついたパウダーが販売されているようです。

肌に優しいタイプの制汗剤

肌に優しいタイプの制汗剤とは、ナチュラルと言ったり、オーガニックタイプやヴィーガンタイプともいわれています。

日本ではまだ例は少ないですが、海外の市販の制汗剤では効果が強力なものが多く、副作用も多いようです。

特に肌の弱い日本人が海外の制汗剤を使うと、簡単に肌荒れが起きてしまうというのは最近では常識です。

この流れを受けて日本ではアルコールフリー、アルミニウムフリー、タルクフリー、低アルコール、ノンアルコールなどの肌に優しい制汗剤が増えています。

また、服についてダメにしてしまうものもあるので、塗ってすぐ乾くような服につなかいタイプのものも開発されているようです。

良い香りの制汗剤

制汗剤には良い香りの種類が沢山あります。

最近ではモテる香りと評判のバーベナやホワイトムスクのいい匂いのものが人気です。

また、昔から根強い人気なのは、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系や石鹸の香り、ピンクのケースのピーチ(桃)の香りなどがあります。

他にはベビーパウダーの香り、バニラ、グリーンアップル、ミント、マリン系のフローラルも人気です。

ただし、これら香料の入っている制汗剤は効果がわかりにくいという声もあります。

効果をしっかりと実感したいのであれば、無香料で匂いなしの制汗剤で、自分の臭いがちゃんと抑えられているかどうかを確認してみましょう。

メンズ用の制汗剤

男性用の制汗剤は海外では多くのブランドがありますが、日本ではまだまだ種類が少ないようです。

女性用との主な違いは皮脂が多くてもしっかりと制汗効果を発揮してくれるという事です。

部活の男子などは確かに皮脂が多くて一般的な制汗剤では効かないこともあるようです。

また、女性でも皮脂が多い人はいますので、最近では顔用や背中を含む全身に使える無香料の制汗剤も発売されているようです。

塗る体の部位によって違う制汗剤

制汗剤は体に塗る部位によって商品を変えましょう。

何をどこにつけるのかの分類をしっかりと把握しておくことが大切です。

対象となる体の部位は以下です。

  • 頭皮
  • 顔用
  • わきが用
  • おでこ
  • ボディ
  • 背中
  • 手汗用
  • 手のひら
  • 全身
  • 手足

このように体の部位によって使う制汗剤は変わってきます。

ドラッグストアなどでプチプラを購入するのもいいですが、効かなかった場合には通販を検討してみましょう。

また、最近多いのがゲーム中の手汗で即効性のあるものです。

こちらは市販ではなかなか販売されていませんので、脇以外で汗の悩みがある人はインターネットでもじっくりと調べてみましょう。

冷たいタイプの制汗剤

暑い夏には冷たいタイプの制汗剤が大人気です。

ペパーミントオイル、メントール、ハッカ油など体温調節もできて、冷たくて涼しいひんやりクールのタイプも色々あります。

冷たいタイプはシートの制汗剤に多いですね。

ただし、アルコールを使用しているものは確かに清涼感はありますが、肌にとってはあまり良い影響を与えないようなので気を付けておきましょう。

原料が特徴の制汗剤

原料で制汗剤を選ぶ人もいるようです。

こういった人は制汗剤にかなり詳しいですね。

最近人気なのは、銀イオン、ミョウバン、マグネシウム、塩化アルミニウム、クロルドロキシアルアルミニウムなどの原料が材料として使用されており、殺菌効果が高いのが大きな特徴です。

市販の制汗剤だけでは心もとないと感じている人は通販のものと併用してみるのも一つの手かもしれませんね。

制汗剤の成分表を見ているとどんな材料が使われているのか、すぐにわかりますし、意外と同じような成分が使われていることがわかるでしょう。

運動に使える制汗剤

運動に使える制汗剤とはどんなものなのでしょうか。

運動前にプレケアとして使う場合もありますし、運動後に汗をしっかりと止めたいという人もいます。

そんなスポーツ好きにおすすめなのが、ウォータープルーフタイプです。

効果も最強と言われているものがおおいですし、プールでも使えます。

また、最近では美白効果や日焼け止め効果をプラスしたものもあるようです。

海外の制汗剤

海外の制汗剤は強力な印象がありますよね。

外国人は日本人よりも汗腺が多く、ワキガの人が多いのが特徴です。

臭いも強力なので、それに対応する制汗剤も効果は強力です。

よく聞くのがハワイなど外国に旅行した人が旅行用のおみやげとして日本に持ち帰ることです。

その効果は強力なので個人で輸入している人もいるようです。

重曹やミョウバンなど自作の制汗剤

自作で制汗剤を作ることもできるようです。

効果は使わないよりはマシというレベルだと評価している人が多いようですが、ちゃんと作れば手作りでもそれなりに効果を発揮してくれます。

人気なのが重曹やミョウバンです。

ミョウバンは私も作ったことはありますが、作り方は水に3%程度の焼きミョウバンを溶かすだけです。

なのですが、溶かす工程がとても大変です。

なかなか溶けないので私は1本作るのに1週間近くかかってしまいました。

これが成功すれば市販の制汗剤を使わないで済むのですが、苦労した割にあまり効果が無かったことを覚えています。

病院で使われるような制汗剤

病院で使われる制汗剤は効果は強力です。

市販や通販で売られている医薬部外品や薬用化粧品の制汗剤とは効果が違うので使い分けが必要です。

皮膚科の病院など医療機関で多汗症と診断されて処方されるのは直ヌリタイプではなく、飲み薬が多いようです。

主にプロバンサインという錠剤で飲むことで汗を抑えてくれる効果が期待できるようです。

ただし、医薬品なので依存度が高く、副作用も心配なので私はあまり使わないようにはしています。

携帯性に優れた制汗剤

女子にとっては携帯性に優れていることはとても重要です。

『ポーチに収まるサイズなのか?』

『トイレで使いやすいのか?』

などなど、持ち運びに便利なミニサイズの小さい制汗剤が人気です。

制汗剤を選ぶ際には携帯用として使えるかどうか、持ち歩きできるかをポイントにすると塗り直しの時に安心です。

美容効果もある制汗剤

最近では美容効果もある制汗剤が女性に評判です。

主に顔用の制汗剤ですね。

どうせ顔に塗るのだったら保湿やホワイトニング効果のある制汗剤の方が手間も省けるのでいいですよね。

顔用のクリームタイプの制汗剤は美容成分も入っている制汗剤も結構あるので、一度チェックしてみましょう。

制汗剤 おすすめ/使い方 汗対策で効果的なデオドラント

制汗剤 使い方

制汗剤やデオドラントは正しい使い方をすることで、さらに汗対策が効果的になります。

逆に間違った使い方をしてしまうと効かないどころか逆効果になってしまう場合も、、

制汗剤の上手な使い方や方法を覚えて夏でも冬でも乗り越えていきましょう!

制汗剤を塗るタイミング

制汗剤にはそれぞれ塗るタイミングが違っています。

まず、日本製と海外製で大きく分かれます。

日本製であれば、朝の外出前に塗る場合が多く、海外製であれば夜寝る前の入浴後のお風呂上りに塗る場合が多いようです。

また、海外製は朝に夜塗った制汗剤を拭き取るという作業があります。

これをやらないとかゆみや肌荒れの恐れがあるからです。

このように製造国によって、いつ塗るかのタイミングがかなり変わってくるのがわかりますね。

日本人としては朝の出かける前に塗らないと何か不安になってしまうのは私だけでしょうか。

制汗剤を塗る頻度

制汗剤には毎日塗る必要があるものもあれば、1週間に2,3回で済むものもあります。

毎日塗り直しが必要な制汗剤はかなり面倒です。

1日何回もトイレに行って塗りなおす手間がかかります。

このように制汗剤を塗る頻度というのも選ぶポイントの一つになります。

毎日何度も塗りなおす必要があるものは一見安くても、中長期的に見ればコスパが悪いという事も良くあることです。

制汗剤を使う量

制汗剤を1回に使う量はコスパに直結します。

量がたっぷりあっても1回に使う量が多いと、コスパ的に問題がありますよね。

どれくらいというのは制汗剤それぞれに使う量の目安がありますので、参考にするといいと思いますが、塗りすぎやつけすぎといった間違いで逆効果になってしまう場合もあるようです。

特に海外の制汗剤は強力なので使い過ぎて肌を痛めてしまわないように気を付けた方がいいようです。

制汗剤を塗る順番

制汗剤を塗る順番を気にしなければならないのは、化粧品との併用です。

つまり、顔汗用の制汗剤に塗る順番がとても大切になります。

『制汗剤は化粧水を塗る前か?後か?』

など、順番を間違えてしまうとお互いの効果を打ち消してしまうなんてことも、、。

ですので、どこに塗る制汗剤なのかをしっかりと見極めることは重要です。

クレンジングとの兼ね合いもありますしね。

また、体に塗る制汗剤でもボディークリームを塗る習慣がある人は順番にはしっかりと気を付けておきましょう。

制汗剤の落とし方

制汗剤によっては落とし方が難しいものがあります。

水で洗ってもなかなか落ちないものや、固まってしまってゴシゴシ擦らないと落ちない制汗剤もあります。

特にウォータープルーフタイプ(防水タイプ)に多いのですが、水に強いので、なかなか落としにくいという問題があるようです。

洗い流すには普通の石鹸で問題ないのかなどを購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

制汗剤 おすすめ/注意点 使う時の全身おすすめ安全方法

制汗剤 安全

制汗剤の注意点は使う時よりも購入前です。

安全なデオドラントで安全でおすすめと言われているものでも乳がんやワキガになったりヒリヒリしたりと体への影響が心配なものもあります。

市販の制汗剤でもデメリットの少ないアルミニウムフリーなど安全性の高いものもあります。

制汗剤の主な効果の仕組みとは、全身もしくは一部の汗が気になる部分に塗って、毛穴に蓋をするなどとして汗の量を減らす方法です。

肌に直接塗るものなので、安全性や副作用は大丈夫なのか?

危険な影響や有効成分の弊害や毒性など、実際に有害リスクや健康被害を被った問題や害などよくない部分や注意点を紹介します。

制汗剤で皮膚トラブルの可能性

制汗剤を塗って、肌荒れなどの皮膚トラブルが発生したとの報告があります。

敏感肌に使っても安心などの広告で市販の制汗剤を使った結果、問題が発生したとの口コミもありました。

一番多いのが、腋毛を脱毛したあとに制汗剤を塗って、ピリピリしみる、痛い、ぶつぶつで脇がかぶれたり赤くなるという事例です。

これを我慢して使い続けていると、かゆいのが続き、炎症でかぶれる、赤くなる、ならまだいい方で、最終的には黒ずみ(シミ)になってしまいます。

これらの問題はいわゆる毛穴詰まりによる経皮毒と呼ばれることもあります。

また、清涼感のあるクール系の制汗剤を使い過ぎることで、凍傷ややけどの恐れもあります。

特に金属アレルギーの方はアルミニウムなどの金属が含まれている制汗剤は避けておきましょう。

最近では天然成分で低刺激の制汗剤もあり、効果もしっかりと得ることができるものもありますので、制汗剤を選ぶ際にはこういった皮膚への安全性も考慮に入れる必要がありますね。

制汗剤で服が汚れる?

制汗剤を使うと肌だけでなく、着ている服にもその成分が付着してしまいます。

よく聞くのが制汗剤がついたシャツや服を洗濯すると黄ばみやピンクのシミができてしまい、変色した部分はなかなか取れないといった悩みです。

一般的に日本製の制汗剤は海外のものに比べて汚れにくい、黄ばまないといった評価があります。

傾向としてはポリエステルの服は変色しやすいという事なので注意しておきましょう。

子供が制汗剤を使っても大丈夫?

子供や学生でも多汗症やワキガは大人と同じように発症します。

では、子供の頃から制汗剤を使っても大丈夫なのでしょうか?

制汗剤には中学生用や高校生用、10代用というように年代別に分かれていません。

ですので、何歳から制汗剤を使っても大丈夫だという事はありませんが、私の友人の子供さんは12歳ですが、制汗剤を使っているそうです。

ただし、選んだ制汗剤は日本製で、特に安全性の高い顔にも使えるクリームタイプのものだそうです。

制汗剤の使用期限は守った方がいい?

制汗剤は未開封の状態であれば、特に何年という期限はありませんが、基本的に2,3年というのが常識のようです。

開封した状態だとそれぞれに決められた使用期限があります。

アルコールや防腐剤の入っている制汗剤だと半年や1年など長いものもありますが、無添加や天然成分の制汗剤だと保管状態が良くても1,2か月で使用期限過ぎてしまう短いものもあります。

ですので、期限内にしっかりと使い切るのが大切です。

期限の過ぎたものを使用して逆にワキガになるという怖い例もあります。

制汗剤で癌が発生?

制汗剤で癌が発生する可能性があると言われているようです。

制汗剤には発がん性物質が含まれているものがあるようですが、放射線治療などを行っている人は避けた方がよさそうです。

また、海外では制汗剤と乳がんの関連性も指摘されています。

特にわき毛の処理直後の皮膚が弱い状態の時に制汗剤を使うことで有害成分が脇から乳房へ浸透し、乳がんを誘発してしまうという説が有力なようです。

ですのでわき毛の処理後や皮膚が破れている状態の皮膚に制汗剤を塗るのは止めておいた方がよさそうですね。

授乳中や妊娠中に制汗剤を使っても大丈夫?

制汗剤の注意書きには、『授乳中や妊娠中に使用する際にはかかりつけ医に事前相談をすることをおすすめします。』というフレーズはよく見かけます。

ただし、実際にかかりつけ医に相談しても、『使ってもOK』という医者はほとんどいないそうです。

脇と乳房は距離も近いですので、制汗剤が母乳に何らかの影響を与えることは十分に考えられます。

赤ちゃんが成分を舐めるという危険性もあります。

また、妊婦が使用すると、赤ちゃんにとっては良いことは一つもありません。

ですので、妊娠中や授乳中は使用しない方がいいかもしれませんね。

制汗剤を併用しても大丈夫?

制汗剤と日焼け止め、制汗剤と香水などを2種類以上併用して使っている人は多いですが、大丈夫なのでしょうか?

これはどの制汗剤を使っているのかによりますが、効果の強力なものを2つ以上使用することは止めておいた方がよさそうです。

というのも多くの制汗剤の効果の仕組みは汗腺に蓋をして汗の量を減らすものです。

一部の汗を防ぐと、他の部分の汗が増えて体温調節を行います。

もし、何種類もの制汗剤を同時に使用すると、体の中に熱がこもる事になり、熱が逃げられなくなり熱中症になってしまう危険性もあります。

ですので、なんでもそうですが、やりすぎは必ずどこかにひずみが出てきますので注意が必要です。

制汗剤での色々な被害報告

制汗剤を使ってどのような被害報告があるのでしょうか?

まず、多いのがスプレーを使って頭痛が発生するという問題です。

人によってはアレルギー反応かもしれませんので、そういった反応が出た場合にはすぐに使用を止めましょう。

そして、こちらもスプレーなのですが、喉に入ってむせる、目に入ってしみるなどの問題もあるようです。

特に喘息を持っている人はスプレーの粉末が喉に入らないように工夫しましょう。

他には制汗剤が床にこぼれてシミになってしまったり、ロールオンタイプは雑菌が繁殖しやすいので使用すると逆に余計に臭くなるといった問題や、ひどいものだと病気になった人もいるようです。

これらほとんどの問題は使い方を少し変えれば解決できる問題である場合がおおいようです。

現在制汗剤は肌に優しい無添加成分などが主流になりつつあります。

危険性が低いものを探しているのであれば、まずは日本製のものから試してみることをおすすめします。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました